循環器内科

-循環器内科について-

循環器内科

循環器内科とは心臓や血管(動脈、静脈)に関わる様々な病気について診断や治療を行う診療科です。
動脈硬化をはじめとした循環器系の疾患も、自覚症状が非常に乏しく突然発症するリスクが高い病気が数多くあります。
具体的には動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞、高血圧症、不整脈、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)について検査や診断・治療を行います。心臓や血管の病気も不規則な生活習慣の見直しや改善を心がけ、予防する意識がとても大切です。
健康診断などで高血圧症の指摘を受けた方、糖尿病などを持病としてお持ちの方などお早めに当院までご相談ください。
当院では、心臓の弁や筋肉の動きをチェックする心臓エコー検査や24時間ホルター心電図などを備えております。24時間ホルター心電図はその場だけの心電図検査と異なり、24時間連続で心電図を記録できるため、日常生活における不整脈・狭心症などのリスクや早期発見が可能です。

こんな症状の時はお早目にご相談下さい。

  • 動悸
  • 胸の痛み
  • 胸の圧迫感
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • チアノ─ゼ
  • 背部痛
  • めまい・立ちくらみ
  • むくみ
  • 意識消失発作

など

-循環器内科での見られる疾患-

狭心症・心筋梗塞

狭心症や心筋梗塞は現在、日本でも死因の2位を占める心臓病で虚血性心疾患という名で総称される疾患です。
心臓に血液を供給する冠静脈が動脈硬化によって狭窄してしまい心筋に十分な血液が送られず、ある日突然心臓発作に見舞われてしまい、最悪死に至るケースもあります。ですが動脈硬化は高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などの生活習慣病が深く関わっており定期的な検診や早期から適切な治療を行うことで心臓発作のリスクを下げることが十分に可能です。

不整脈

心臓は4つに分けられ、上部に位置する右心房と左心房、下部に位置する右心室と左心室があります。左右の心房が全身をめぐる血液を受け入れ、同様に下部の心室が血液を送り出すことでリズミカルに全身くまなく血液を循環させています。
このリズムを作っているのが心臓の上部にある洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる部分で、これが1分間に60~80回の電気信号を発生させて心臓を規則正しく収縮させています。
不整脈の原因は、この電気信号が正常に働かずに脈が不規則になってしまう状態で、症状として動悸や息切れ、息苦しさを感じるようになり、最悪血圧低下による失神やショック状態に陥ることがあります。
健康診断や検査などで脈の乱れが指摘された際には、お早めに当院までご相談ください。

動脈硬化症

血管の中でも動脈は全身へくまなく栄養を行き届かせているとても重要な器官の一つで、通常この動脈を含む血管は弾力性に富んでいて血液の循環をスムーズにしていますが、年齢や不規則な生活習慣などによって血管の老化や不健康な状態が続くと、弾力性がどんどんと失われて血管自体が硬くなり、血管の壁に中性脂肪や悪玉コレステロールが付着すると血液の流れが滞るようになってしまいます。この状態を動脈硬化症と呼び、これをきっかけとして心筋梗塞や脳卒中の引き金となります。
これらのリスクを抑えるためにも定期的な検診や健康診断による検査が欠かせないと言えます。

心不全

心不全とは全身に血液を送り、巡らせる大事な役割を果たす心臓が機能不全を起こし正常なポンプとしての機能を果たせなくなってしまう状態です。病気ではなく心臓の機能不全というとらえ方が正しいですが、血液の循環が滞ることで身体に悪影響を及ぼすため健診などで指摘を受けた方は、できるだけお早めに当院までご相談ください。

-星医院について- About

診療案内
内科・小児科・消化器科・循環器科・呼吸器科
住 所
東京都世田谷区松原5-5-1
TEL
03-3325-3080
休診日
木曜/土曜日午後・日曜・祝日
診療カレンダー
9:00~13:00
16:00~19:00
午前 1診
(内・小)

(内)

(内・小)

(内)

(内・小)

(内・小)
2診 国正
(内)

(小)
鳥居
(内)
中澤
(小)

(内)
国正
(内)
午後 1診    

※内:内科、小:小児科