経鼻内視鏡検査について | 世田谷区の小児科・内科 | 星医院

経鼻内視鏡検査について | 世田谷区の小児科・内科 | 星医院

経鼻内視鏡検査とは?

経鼻内視鏡検査イメージ

口から入れる内視鏡検査はなぜ苦しいのでしょうか?

理由1、ファイバーが下の付け根を通り喉に触れるため「咽頭反射」(オエッとなる事)が起きて苦痛が生じる。

理由2、ファイバー自体太いため飲み込むのがつらい。

苦痛のない鼻からの内視鏡として開発された【経鼻内視鏡検査】は、胃カメラ(内視鏡)を口からではなく鼻から入れる検査方法で従来の口から入れる胃カメラと比べ吐き気をほとんど感じる事なく、楽に検査を受ける事ができます。

食道や胃の病気において最も重要な事は早期発見、早期治療です。そのためには定期的に検査を受ける事がたいせつです。これからの時代は症状が出てから検査を受けるのではなく健康診断のつもりで気楽に安心して検査のできる鼻からの内視鏡=経鼻内視鏡検査をぜひおすすめいたします。

がんの早期発見につながる、新しい内視鏡技術NBI

経鼻内視鏡検査イメージ

NBI内視鏡システムとは、青や緑などの短い波長の光を照射する内視鏡診断システム。短波長の光は消化器の粘膜表層の血管を鮮やかに浮かび上がらせる性質があり、腫瘍(しゅよう)などの早期発見に利用される。狭帯域光観察内視鏡システムです。

NBIを用いる検査は、内視鏡の画像をボタン1つでNBIに切り替えるだけなので、受け方は通常の内視鏡検査とまったく同じです。また、対象の部位も「食道」「胃」「十二指腸」「大腸」「気管支」など、幅広い領域でNBIを使うことができます。

がんが早く見つかれば、大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性が高くなります。しかし、初期のがんは自覚症状がほとんどありません。早期発見のためには、自覚症状がない段階でも定期的に検診を受けることが重要です。
当医院では最新のNBI内視鏡技術を用いて、患者様の健康な生活をサポートしていきます。

お問い合わせはお気軽にお電話で。03-3325-3080